• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 番外編 目次(1〜 ) » 番外編 その十七 あん餅雑煮の謎

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 番外編 その十七 あん餅雑煮の謎

日本の食文化最大級の謎を発見しました。今年で六十一回目の正月を迎えたわけですが、ずっ〜と不思議に思っていたことがあります。

新年を迎える準備として、まず門松、しめ飾り、しめ縄、鏡餅、などなどがあり、大晦日には"年越うどん"を食べ、除夜の鐘を聞きながら床につきます。 そして「明けましておめでとうございます」と新年を迎え、初詣、若水迎え、あん餅雑煮、おせち料理、お年玉と続きます。この一連の行事のなかに、不思議な"食べ物"があるのです。

私は学生時代、東京で4年間生活をしました。その時、東京の人も、関東一円の人も、いやそれどころか日本中の人が雑煮には"丸いあん餅"を入れるものだと思っていました。しかも、白味噌仕立ての味噌汁で・・・・。ところがこの雑煮のことを友人達に話しますと、もうみんなびっくり仰天・・・・!!。私を宇宙人のような目で見るのでした。

この時以来、いつかこの謎に迫ってみたいと思っていました。ついにその時が来たのです。

先日、高松市内に本社がありますK証券のH会長が主催する「古事記を読む会」の勉強会(高松市紺屋町大同生命ビル2F、毎月第3木曜日PM2:00〜4:00)で、高松藩(松平家十二万石)の歴史についての話がありました。このなかに"あん餅雑煮"の謎を解く鍵があったのです。

この話は高松藩のことを詳しく説明しなければなりません。話が少々長くなりますので次ページへと続きます。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.