• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 番外編 その二 完敗

小話の最後の話が、和歌山県白浜で開催される日本スポーツマスターズ2003に、出場するということで終わっています。 そこで今日は、その試合結果を報告します。

白浜への車の運転は往復ともK先生(小話にたびたび登場する先生)がする、そのかわり夜の飲み代は私が持つということで、9月19日朝出発。 白浜のホテルに着いたのが午後3時頃、眼下には太平洋が一望できる最高の部屋です。まず最初にしたことは、この部屋のビールを全て空にしたことです。夕方にはサンセットを観ながら温泉につかり、体内のアルコールを抜き、またビールです。これでは試合に勝てるわけがない・・・・?

とは言うものの翌朝はスッキリ目覚め、二人ともファイト満々、早目に試合会場へと向かい、サブ体育館で練習です。東京から学生時代の友人K君(剛柔流空手道・古武道の先生)が応援に駆けつけてくれていました。 数十年ぶりに私の練習をみたK君に「お前の"目"が昔の"目"にかえっていたよ。」と言われ、人生を二度出来るみたいで嬉しくなりました。

でも"目"だけでは勝てません。一回戦の相手は埼玉県代表のベテラン選手。ものの見事に完敗・・・・。そのうえ顎を少々痛め、その夜の食事は歯が噛み合わず、ビールでお腹を落ち着かせました。 K先生は一回戦突破、次の日はK先生のセコンドです。

来年はまるまる60歳の部で出場出来ますので、クラス(60歳〜64歳)の中では最年少者となりチャンスがあります。"リベンジ"と言うことで今日の話は終わります。

さあ・・・・、皆様も昔にかえり、人生を「得」しましょう。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.