• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第一巻 目次(1〜20) » その十三 ”うどん”と鉄釜

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その十三 ”うどん”と鉄釜

食べ物を調理するとき、水の良し悪しが大切なことは、皆様もよくご存じのことと思います。

私達の身近にある食べ物のなかで、”うどん””こんにゃく””豆腐”などは、特に水の品質が大事です。

”うどん通”といわれる方々が原料(小麦粉)のことはよく言われるのですが、”水”のことを話される方はあまりいません。

◎豆腐・ゆで麺・こんにゃくの水分量

100g中の水分量について(栄養成分基礎表による)

  • 豆腐:  もめん 86.8%、   きぬごし 89.4%、   ソフト88.9%
  • ゆで麺: 76.5%
  • こんにゃく: 97.3%

これを見ても、いかに”水”が製品に吸収されているのかが、わかると思います。

そこで”うどん”を茹でるときには、鉄製の釜を使うのです。

鉄器を使うことにより鉄分が溶出するのです。食物の鉄分は、一般に3価の鉄が多く、体に吸収されにくく、鉄器から溶出される鉄は75〜90%が2価で体に吸収されやすいのです。

そこで鉄器を使って調理すれば、鉄分を摂取しやすいということです。

お茶やコーヒーなども鉄器を使って沸かすと、水道水の塩素臭が取り除かれ大変おいしくなります。その上、貧血の予防や改善になるわけです。

また鉄器の釜には”湯あか”が付着し、湯の金気や赤錆を防ぎ、湯がすっきりと美味しくなるのです。

釜の形状は当然丸形のものです。湯の対流が良く、うどんが平均して茹であがるのですよ。

うどん屋でうどんを食べるとき、そのお店がどんな釜を使っているか、ちょっと調べてみましょう!!

”うどん屋は水屋なのです!!”

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.