• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その十五 ”通”

最近、インターネットや雑誌などで”うどん”のことが話題になるようになりました。テレビ番組でもたびたび取り上げられています。

自称”うどん通”が増えてまいりました。・・・・・・・しかし、”通”の意味を知って使っているのか疑問に思います。

そこで広辞苑です。

”通”とは人情や世間のことを良く知っていて、さばけていること、野暮でないこと、人事の機微に通じている人、特に花柳界の事情に通じている人、通客、粋人。

と、以上のことが書かれています。

本を書いたり、インターネットで掲載するのであれば、本職のうどん屋以上の知識を持って欲しいものです。

我々は、皆、命がけで商売しているのですよ。

自分の好みで店の判断はしないでください。その店が存在しているのは、お得意様(お客様)が付いていてくれるからです。本に載っているとか、テレビに出たからではありません。

ブームに乗って、他人の商売をネタにするのは、”粋”ではありませんね。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.