• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第一巻 目次(1〜20) » その六 天ざるうどん、天ぷらうどんなどは、なぜ時間がかかるのか・・・?

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その六 天ざるうどん、天ぷらうどんなどは、なぜ時間がかかるのか・・・?

江戸の昔から、天ぷらうどん(そば)は、人気メニューだったのです。それは食物油(ナタネ・大豆)で揚げたものと、海産物(昆布、いりこ、削り節)でとったスープが不思議と絶妙に合うのです。

”天ぷらは、揚げてから  すぐ食べる  から美味しいのです。”

そこで、当店の天ぷら類のメニューは、揚げたてのあつあつの天ぷらをお出しするために、注文をお聞きしてから天ぷらを揚げます。

このため、調理に多少時間がかかる場合がありますので、どうか御容赦ください。

お急ぎの方は、他のメニュー、例えば、「カレーうどん」、「山かけうどん」、「きつねうどん」なども美味しいですよ。

なお、「きつねうどん」の「あげ」も、食物油で揚げています。いろいろ試行錯誤をしましたが、大豆のサラダ油が、一番風味が良いように思います。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.