• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第二巻 目次(21〜40) » その二十六 東京のうどん(そば)の”だし”は、なぜ黒い

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その二十六 東京のうどん(そば)の”だし”は、なぜ黒い

この質問もある銀行の支店長のものです。立て続けに三問答えますが、本当はずっと後に掲載しようと思っていました。

そろそろ薬味について書きたかったのですが・・・・・・・転勤されたら答えられなくなりますから、今書くことにしました。

うどん小話の中で、何度か書いたことがありますが、関東はそば文化(落語などでは、「夜鳴きそば」とか「時そば」のように「そば」の話しばかりです。)、関西はうどん文化といわれています。

そばの原産地は、ロシアのバイカル湖畔から、中国の崑崙山脈、天山山脈の広大な一帯です。チベットにも日本とまったく 同じ製法でそばを打ち、釜でゆで、だし汁で食べる風習があります。これにはビックリしました。(NHKのテレビより)

それぞれの国には固有の食文化があるものです。日本からチベットへ伝わるはずがありません。

関東地方は関西に比べて荒地(高地)が多くあり、そばの生産に適していたのでしょう。

ここで”だし”の色ですが、そばは限りなく黒に近い色をしています。そのそばの色に合わせて”だし”の色を作り出していたのでしょう。 (日本の食文化の素晴らしいところです。)

色の濃淡はありますが、基本的には塩分はほとんど同じです。(白身の魚の刺身を食べるときは淡口の醤油、マグロなどの赤身には濃口の醤油が合います。 これと同じです。)

関西の人達、特に讃岐の人達は食べる前に”だしの色”を見て、先入観で辛いと判断してしまうのです。 あんな底が見えないような真っ黒の”だし”では、辛くてとても食べられない、と思ってしまうのです。

ところが本当は、あの真っ黒の”だし”も関西風のうすい色の”だし”も辛さはほとんどいっしょなのです。 東京の人達が、私の店でうどんを食べても、けっして”だし”がうすいとは言いません。

どのようなことにでも当てはまることですが、見た目だけで判断してはいけません。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.