• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第四巻 目次(61〜80) » その六十一 門松ドロボー

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その六十一 門松ドロボー

びっくりしました・・・・・・!!

平成12年12月31日の早朝、高松店の店長(私の次男)より電話があり、門松(1.5m位の高さで、松と竹だけで作っている関東式)が無くなっているとのことでした。

三十年間うどん店を営んでいますが、こんなことは初めてです。

数ヶ月前にも店頭に置いてあった石臼(重さ40s位)が盗まれたことがありました。この石臼は店頭の飾りとして数年前から置いてあったのです。 お客様(特に子供たち)に喜んでいただこうと思い、この石臼の中に水を入れ、メダカを数十匹と水草を入れました。 ところがメダカが入った数日後に盗まれてしまったのです。

門松といい、メダカ・石臼といい、高価なものではありませんが、店の”心”がこもったものです。残念でなりません。

私の想像ですが、門松とメダカを盗んだ人は同じ人物のように思えてなりません。

”天網恢々疎にして漏らさず”

必ず神仏の罰が当たります。我々は日本人ですよ。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.