• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第四巻 目次(61〜80) » その六十九 葱(パート3)

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その六十九 葱(パート3)

東洋ではネギの古名を「キ」(紀・奇・気)と言い、特に臭いが強いものという意味で、かつては「気」と呼んでいました。西洋でもネギとは"臭う"とか"強く臭うもの"とか、ネギ属特有の臭いのことを言っています。

ネギ属に属する植物は、ヨーロッパ・アジア・北アフリカ・北アメリカなど北半球の温帯を中心に約450種類存在し、その内我が国には18種類存在しています。「キ」(葱)の根の部分を食用とすることから「根葱」(ねぎ)と呼び、「根深」(ねぶか)とも言いました。

讃岐でも30数年前までは"ねぶか"と言っていました。今でもお年寄りの方は"ねぶか"と呼んでいます。(今のような細ネギではありません。中ネギであったように思います。)

当店の女性従業員に聞いてみますと、30歳位の人は"ねぶか"と言えば何かわからないほど死語になっています。40歳ぐらいの人ですと"ねぶか"がネギのことだとわかっていました。これから推測しますと、やっぱり30数年前から"ねぶか"は死語になっているようです。

物流が便利になり、関東の"太ネギ"が関西へ、関西の"細ネギ"が関東へと、いつでもスーパーマーケットで入手出来るようになりました。

今ではネギは"太ネギ"と"細ネギ"の2種類だけのように思われていますが、現在市場へ出ているのは、大きく分けますと4種類あります。
(1)根深ネギ、(2)下仁田ネギ、(3)万能ネギ、(4)わかさまネギ、です。

このうち讃岐うどんに使用しているのは(3)の万能ネギ(細ネギの代表的な品種)です。

ではなぜ万能ネギがうどんに合うのか小話の中で書いてみます。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.