• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その七十六 敵討ち

N自動車販売会社の会長の話をもう一話いたします。

小話七十五で書きましたが、最近の会長のメニューは"野菜天ぷらうどん"が定番となっているのですが、私がタイ(バンコク)へ激辛カレーのスパイスを仕入れに行ったのを知り、初めて"タイ風激辛カレーうどん"の注文をいただきました。

その時、高松店の店長があんまり辛いのもどうかと思い、スパイスの量を減らしたのです。普通のカレーうどんでも相当辛いのに、その上タイ風激辛スパイスです。並のお客様でしたら、激辛中の激辛・・・・!!

ところが会長は汗一滴かきません。知らん顔。「ほんまにタイへ仕入れに行ったのか・・・・?」と、言われる始末です。

その後、N自動車販売会社のH課長にこの話をしましたところ、私の認識不足でした。会長は若いときから"激辛通"。

そんな訳で数日後に来店いただいた時、思い切り"敵討ち"をさせていただきました。その後"タイ風激辛カレーうどん"の注文はありません。

実は息子さんの社長も"激辛通"なのです。やっぱりDNA。きっと大学生のお孫さんも"激辛通"になることでしょう。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.