• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第五巻 目次(81〜100) » その八十六 生姜(最終版)

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その八十六 生姜(最終版)

"しょうが"には、他の薬味には無い不思議な効用があります。

中国では、二千年前から身体の節々の腫れや傷みが治るといわれ、使われていました。現代でいうリウマチとか関節炎・神経痛とかの病気です。これに生薬としての"しょうが"が用いられていたのです。

慢性的な痛みには中国産の"しょうが”、急性の痛みにはインド産の"しょうが"と、これらのエキスを使い分け、炎症を誘発し痛みを引き起こすプロスタグランジン・ロイコトリエン・サイトカインという体内化合物を抑制していました。

最近の話として、陸上競技のスーパーヒーローであるカール・ルイス(アメリカ)が長年の競技生活で膝を痛め、慢性的な変形性関節炎を患い、日常生活にも支障を来たしていたのですが、’96年頃から"しょうが"のエキスを服用しはじめたところ、4〜6週間で痛みが少なくなり、トレーニングが再開できるようになったそうです。これは本当の話、不思議な話、東洋の神秘・・・・!!

まさしく医食同源ということで、「生姜」の話はこのページで終わりといたします。

書き忘れたことがあります。"しょうが"は英語で「ジンジャー」といいますが、「角の形をしたもの」という意味で、サンスクリット語からきており、食用にする根茎が鹿の枝角に似ていることに由来しています。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.