• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その八十七 井戸

今日は井戸水について書いてみます。小話その一で書きましたが、当店の"だし"は深井戸の天然水を使用しています。

今から30年前に開店したのですが、場所が志度町天野峠の一番高いところでしたので、当時、町水道が引かれていませんでした。うどん店を開業するのに"水"が無いのでは話になりません。 店の新築工事と同時進行で井戸を掘り始めたのでした。もし"水"が出なければ全てが無駄になってしまいます。今から考えるとずいぶん無茶なことをしたものだと思います。

ただ、私の友人(津田町のT君)の奥さんが、高松市内にあります某有名ボーリング社(T社)のお嬢さんでしたので、なんとかなるとは思っていました。 T社に井戸堀りをお願いしましたところ、香川県内では一番腕のいい職人さんを2名紹介していただきました。

少々苦労はしましたが、2本の井戸を完成させることが出来たのです。この井戸の深さは約20m位(ビル6階)あり、現在では掘る職人さんはいないとのことです。

この井戸2本を約10年ぶりに、5月の連休前に井戸替え(井戸の掃除)をしました。町内の土建屋さん(O建設会社)にお願いし、大型水中ポンプで井戸水全てを抜き取ってもらったのですが・・・・、あまりの深さにビックリしていました。

上からライトで照らしてみますと、地下20mの花崗土から水が湧き出てくるのが見えるのです。夏場の渇水期でも決して涸れることがありません。

この深井戸から空気にふれることなく、直接蛇口から出てくるのですから、この"水"がおいしくないはずがありません。"水"だけでも試飲したい方はぜひどうぞ・・・・!!本当に飲んでみてください。

食べ物の原点は"水"にあります。何度も書きますがうどん屋は"水屋"なのです。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.