• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その五十 空手道

あんなに暑かった夏もいつのまにか鈴虫が鳴いている時季になりました。
まったく自然は不思議です。

今日は空手道の練習日、もう四十年になります。

この年になりますとハードな練習の疲れが翌々日まで残るようになりました。 若いときは翌日に残るのですが、年をとりますと翌々日になるのです。

私の友人が今年の空手道世界選手権大会(平成12年10月14日〜15日)に出場することになりました。 −70kg級のクラスです。10月にドイツのミュンヘンで開催されます、空手道のオリンピックです。

その選手の名前は崎山幸一君です。高松市内にあります私立高校の先生をしております。

やっぱり世界大会に出場する人は輝いています。 オリンピックシドニー大会のヤワラちゃん、井上康生君(私の大学の後輩)などなどみんな素晴らしい人達です。 (ヤワラちゃんは数年前、当店でうどんを食べていただきました。)

四年後のギリシャ(アテネ市)で開催されるオリンピックに、空手道が正式種目として採用されるそうです。 私の個人的な意見を言わせていただければ、少々遅かったような気がします。 もっと早く正式種目としてオリンピックに登場して欲しかった。

崎山先生が四年後のオリンピック選手として活躍することを希望、期待して今日のページを終わります。

”うどん”と”空手道”は関係がありませんが、今日は練習日であったのでなぜか空手道のことが書きたくなったのです。

日本の武道は世界に向かって発信する日本の素晴らしい文化です。

素晴らしい人達、素晴らしい食物は輝いています。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.