• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第三巻 目次(41〜60) » その五十六 麺のルーツ(パート2)

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その五十六 麺のルーツ(パート2)

麺食とは小麦を石臼で粉砕して小麦粉を作り、さらにそれを加工調理した食べ物のことです。

中国では漢の時代(紀元前206〜後24)から石臼がありました。 南北朝以後(420〜589)は水力を利用した石臼が流行し、唐の時代(618〜907)になると水車が発達してきました。 このように食糧加工器具の発達により、食生活のなかで麺食はだんだん普遍化していったのでしょう。

漢時代、麺食は「餠(ピン)」と呼ばれていました。 「餠」とは水と小麦粉を混ぜ合わせて作った飯ということです。 まさしく「餠」はうどんの元祖そのものです。

調理方法は「蒸餠(蒸して食べるめん)」、「湯餠(水で炊いて食べるめん)」、「炉餠(火であぶる、焼くなどして食べるめん)」と三つの方法がありました。

この三つの調理方法で、現在の日本のうどんに近いのが「湯餠」かと思います。 もっともこの時代の麺は細く切ったものではなく、片状(木の葉のような物)の麺であったみたいです。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.