• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第三巻 目次(41〜60) » その五十八 麺のルーツ(パート3)

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その五十八 麺のルーツ(パート3)

唐代(618〜907年)の湯餠は、すでにマナイタ・包丁・めん棒などが使用されていたので、今日の麺に近い形になっていたと思われます。
宗・元時代(960〜1271年)になると、麺はさらに新しい発展がありました。

明・清の時代(1368〜1644年)には現代のものと同じような各種の麺が出現し、数え切れないほどの種類になっていくのです。

麺は日本語の書き方ででは「饂飩(ウドン)」となりますが、ウドンの発音を中国流の漢字にすると「温飩」となります・・・・・・・・・・が、この字は現在の中国では使われていません。しかも、中国では「ウドン」という麺メニューはありません。

うどん小話その二で書きましたが、「饂飩」と中国古代の「饂飩」と深い関連があるように思います。 漢代の古書に「餠は飩またはとよばれる」とあり、すべて小麦粉と水を混ぜ合わせて作った食べ物のことです。

もう一度小話その二をお読みください。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.