• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第四巻 目次(61〜80) » その六十七 葱(パート1)

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その六十七 葱(パート1)

葱ネギの原産地は小話その十八で書きましたが、中国の西部、中央アジア北部からアルタイ・バイカル地方であろうと推測されています。

パミール高原を現地の言葉で「葱嶺」と呼ぶほどです。

有史以前から中国に伝わり、華北・東北地方を中心に、軟白した白根を主として利用する太ネギ群が分布し、華中・華南・南洋地方には、葉を主として食べる葉ネギ群が発達しました。また華北・華中を中心に、万能型の兼用種が古くから栽培されていました。

中国では紀元前からネギに関する記録が、山海経(中国古代の神話と地理の書)や礼記(古礼に関する説を集めた書)に「葱」(き)の字で登場し、礼記にはネギの料理法が書かれています。

ヨーロッパに渡ったのはかなり遅く、16世紀の文献に初めて登場しています。アメリカにはさらに遅く伝わり、19世紀頃だろうとされています。ただし、現在に至ってもあまり普及していません。

東洋と西洋の食べ物の違いが出ているように思われます。

ヨーロッパ・アメリカでは、「ネギ」より「タマネギ」が料理に多用されます。

次回はいつ頃日本に伝播されたか・・・・?について書きます。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.