• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第五巻 目次(81〜100) » その九十 謎(パート2)

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その九十 謎(パート2)

一話で仕舞しようと思っていましたが、ついつい熱が入り、私自身も面白くなり話が長くなってしまいました。

うどん文化の発祥地は関西、ソバ文化の発祥地は関東という話は、小話連載の中で何度も書いてきましたから、もう、皆様には御理解いただいていることでしょう。

当然、うどんとソバの"つけ汁"に違いがあることもおわかりでしょう。淡口醤油には"しょうが"と"青ネギ"、濃口醤油には"ワサビ"と"白ネギ"が、色彩的にみても合っています。(謎その3)

次にこの二つの植物の出自です。"しょうが"は熱帯地方の出身。"ワサビ"は純国産で、高地の冷涼な場所が出身地です。"ソバ"も高地で寒冷な場所で生まれ育つのです。すなわち、出自の合致。(謎その4)

また「四大薬味」の中に"ゴマ"があります。この"ゴマ"はアフリカ(熱帯地方)が原産地で、"しょうが"にはよく合います。(これも出自の合致) しかし、"ワサビ"には合いません。たぶん、関東のソバの"つけ汁"には"ゴマ"が付いていないと思います。

当店のざるうどんの"つけ汁"には、"しょうが"・"青ネギ"・"ゴマ"と三品を必ず付けます。(関西式)

最後の謎になりますが、フォッサ・マグナによるところがあるかも知れません。(謎その5)

以上、五つの謎解きをやってみました・・・・。が、"しょうが"で食べるか、"ワサビ"で食べるかは、個人の好みの問題ですので、御自由に"食"を楽しんでください。

楽しむことが"食"の基本です。

食は生なり、生は性なり・・・・。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.