• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第六巻 目次(101〜120) » その百十五 うどん屋(パート5)

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その百十五 うどん屋(パート5)

明けましておめでとうございます。今年は門松ドロボーも現れず、無事正月を過ごすことが出来ました。

秋祭りの車楽(だんじり)の話を書いてからもう2ヶ月がたちました。うどん屋の話を早く書きたかったのですが、やっぱり師走です。不景気とはいえ忘年会を数回こなしました。

やっと平成14年1月7日に店が休業(毎週月曜日)でしたので、自分の部屋の大掃除をすることが出来ました。カレンダーの掛け替えも出来ました。

今年の初詣での人出は例年になく少なくて、香川県では昨年の48%減であったそうです。もっとも元旦から寒風(雪まじり)がふき、今日まで続いている状況です。"不景気風"でしょうか・・・・?

香川県の"うどん"が全国的になった一番目の功績は、国鉄(現JR)の連絡船上の"うどん"であったことは小話その百十一で書きましたが、二番目は1970年3月14日〜9月13日まで開催した大阪万博です。

この当時、日持ちのする"うどん"がなかったのです。うどん玉は「生」ものです。1日しかもちません。 この「生」のうどん玉を1ヶ月ほどもたす真空パックが開発され、大阪万博の香川県パビリオンで発売されたのです。

これが見事に当たり、ものすごく売れました。これで日本中の人達が、香川県に"うどん"ありと再認識したのです。

ちなみに日清カップラーメンもこの年に開発され、これまた爆発的に売れたのです。(NHK:プロジェクトXより)

この真空パックを開発したS麺業の先代K社長とY樹脂の話は次のページにいたします。

まさしく、香川県版"プロジェクトX"でした。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.