• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
トップページ » うどん小話 » 第七巻 目次(121〜140) » その百四十 かしわうどんの恩人

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その百四十 かしわうどんの恩人

ワールドカップもベスト8の国々が出そろいました。日本チームは残念ながら敗けましたが、韓国は勝っています。

韓国(ソウル市)からうどんの修業に来ている張(チャン)さん、それはもう大変な喜びようです。ポルトガル戦に勝った時など、翌朝は二日酔いの状態でした。イタリアに勝った時もたぶん二日酔いであったのでしょうが、顔には出さず、うどんを打っていました。 来日して3ヶ月になるのですが、性格の良さ、目的意識の高さからでしょうか、もう手打うどんの技術は習得しました。ただ昼時の繁忙時にはまだ間に合いません。もう少しの努力です・・・・。

さて"かしわうどん"の恩人の話ですが、小話百三十一、百三十二で"かしわ"の謎にせまってみました。いくら謎にせまってみても"かしわうどん"が売れなければ何にもなりません。

当店のもっとも古いお客様の一人であるA社(高松市内にある、IT産業の上場会社)のO社長のおかげで売れ始めたのでした。本社にいる時は、必ず昼食時に来店いただき"かしわうどん"を注文してくれます。それも1年や2年の期間ではありませんでした。

そうしますと、一緒に来た社員の方々も"かしわうどん"の注文。A社と取引のある会社の方々も"かしわうどん"。 注文をお聞きして、唐揚げにしますから少々時間がかかるのですが、それでも皆さん待ってくれるのです。

これを見た他のお客様が、これは絶対に美味しいものに違いないと思い、後日来店のおり"かしわうどん"の注文です。このようにしてA社の皆様のおかげで名物メニューの一つとなりました。

張(チャン)さんもO社長とすっかりなじみになり、ワールドカップの話に花が咲いています。もっとも私も"にわかサッカーファン"になっています。こんなわけでO社長が食事を終え店を出るときは心の中で"柏手(かしわで)"を打ち感謝をしています。

O社長、最近はN部長の影響でしょうか、カレーうどんの注文が多くなりました。

N部長、バンコク通です。カレーの香辛料の臭いがバンコクの夜を思い出させているのでしょうか・・・・。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.