• 源内うどんについて
  • お品書き
  • うどん小話
  • 通信販売
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

うどん小話

  • 第一巻目次(1〜20)
  • 第二巻目次(21〜40)
  • 第三巻目次(41〜60)
  • 第四巻目次(61〜80)
  • 第五巻目次(81〜100)
  • 第六巻目次(101〜120)
  • 第七巻目次(121〜140)
  • 第八巻目次(141〜160)
  • 第九巻目次(161〜180)
  • 第十巻目次(181〜200)
  • 番外編目次(1〜)

うどん小話 その百四十四 箸

今年の夏の暑いこと。36℃以上の気温が連日続いております。熱帯地方のバンコクより、日本の夏が数段勝っています。9月2日からバンコク行きの計画があるのですが、一日も早く避暑に行きたいほどです。

こんな猛暑が続いているつい先日、割烹を営んでいる友人のI君が箸(手作りの竹製。長さ24cm・重さ10g)をプレゼントしてくれました。時々、友人と食事に行くのですが、この箸が何とも言えない不思議な感触なので「欲しいな・・・・」と小声で言ったのをおかみさんが聞いていて、数日後に2組の箸をいただきました。この箸が私の命を救ってくれるとは、この時は知るよしもありませんでした。

おかみさんが店の奥から箸を持ってきてくれたのですが、この間2〜3分位であったでしょうか、主人のI君と雑談し、箸を袋に入れてもらい店を出ました。その帰路の交差点で、三重衝突の交通事故があったのです。まだ事故車の中に運転者は閉じ込められ、車からは煙が立ちこめ、まったく危険な状態でした。この現場はテレビニュースで流れたほどです。

もしこの日、箸を貰わず2〜3分早く店を出ていれば、私がこの事故に遭遇していたでしょう。この道路はいつも通るところです。私の性格でしょうか毎日通る道は決めているのです。車は小型の箱バンなので、たぶんペッシャンコ・・・・!!。

このようなわけで、I君からいただいたこの箸は私の命の恩人、いや恩箸なのです。毎日、この箸に感謝を込めて特別扱い。食事後は自分で洗い、決めた場所に置いてあります。

この店の名前は「あうん」。看板もなし、玄関もわからないのですが、いつも客でいっぱい。

I君夫婦に感謝、感謝。

そこで、次のページからは"うどん"に絶対必要な箸について書いてみます。

このページのトップへ戻る
Copyright © 2010 株式会社源内. all rights reserved.